百火繚乱ありがとうございました!

2017年1月29日sun 鶴舞KDハポン 0contact百火繚乱
出演
真都山みどり
KANAMORIN
大庭彰恵x後藤博
小林広恵x柴山健一

0contact継承vol.3

2年目のお正月を迎えました。

今回は普段は音楽や演劇などをされている方々も参戦し、ドローを多面的に捉えドローに挑戦していく一夜でした。

一番手はコントラバスを主に、ボイスパフォーマンス、演劇、写真などを媒体に表現されている、真都山みどりさん。

あらかじめドローを映像にしたものの投影と、2枚の線画をライブドローし吊るし、それらにあわせてコントラバスの生演奏と音源を。演劇で演出もされているとのことで、自らすべて一人で行いました。マルチ!

昨年、三重県亀山を中心に行われたspooning にいらっしゃっていたヨシコチュウマの「概念を演出する」という言葉に刺激を受けたというみどりさん。なかなかドローなどする機会はないと思うのですが、楽しそうに取り組まれていらっしゃいました。彼女にとってドロー=描く、とは音やイメージもてるすべてを表現するということなのかもしれないですね。

みどりさんの表現これからも楽しみにしております。ありがとうございました!

KANAMORINさんは普段は白線の内側、MoNoSiRoといったバンドで活躍されています。以前0コンタクトに出演してくださったタキナオさんのライトドローとギターで出演されている姿もたくさん拝見しておりました。

今回はギターを弾きながら、生花をとりいれたライブドローをしてくださいました。おっしゃるには絵の具の色を選ぶ姿もチューブの蓋を取る姿もすべてみせるべきだ。と。

植物の持つ柔らかな線と竹のまっすぐな姿と、曖昧で繊細な音はなぜか安心して身を委ねて見ていることができました。ありがとうございました!

近くで見るとこんなふうにペイントが!!

大庭彰恵x後藤博

まず、後藤さんのインフォメーションがなかったことお詫びしなければなりません。急遽でギターかも?ベースじゃないと思うとはお聞きしていたのですが、当日初めてお会いすること叶いました。

とてもアツいギターと詩を奏でてくださいました。今回3組ギターでしたが全く音色が異なって同じ楽器に思えなかったです。

そんなアツくて動なギターに、大庭さんの静かで描くことに揺るぎのない姿は、まるで違うのになぜか不思議なマッチ感!彼女の内なるアツさと、後藤さんの内的視点はぴったりなのかもしれません。

大庭さんの題材は相撲あるいは力士リンチ事件。衝撃的なテーマですが、彼女にとってずっと心に引っかかり続け表現せずにはいられない、真実や事実とそれを超えて消化し芸術と表現とへと変容をとげるべきものだったのだと思います。

それでいて作品は真っ黒に塗られた厚紙に強く鉛筆で線を描いてあり、そこへライブドロー本番でぼんやりと浮かびあがってくる赤や白の線。ただたんたんと事件を追うように、ただ一言も漏らさぬように、事件の本質を問うように、線は静かに重ねられていきます。そこへ衝撃的なギターとたくさんたくさん重ねられた詩の言葉。

私たちは何も告げられていないのに何かの現場に居合わせたのではないのでしょうか。

お二人ともアツい思いありがとうございました!

小林広恵x柴山健一

写真、柴山写っておりませんが、とてもとても素敵なまんまると可愛くて良い色をしたギターを奏でてくれました。YouTubeに短いですが動画をあげておりますのでぜひ!


セットリスト
1.op
2.お皿サラダ
3.ミドリムシの成長
4.出会い
5.三五七
エンデイングセッション
お皿サラダはお皿を使って、
「出会い」は岐阜県山県市北山地区へ行った時にみたコスモスや四季桜からヒントを得て、
「三五七」も同じ地区の神崎川の石をつかって、オブジェクトを用いたライブペイントとなっております。
「ミドリムシの成長」は音を視覚化することに挑戦しています。

小林は3回をつうじてリズムや音を色や風景に変換することに挑戦していますが、二人やれることはやりきったと思いつつ、もっとタマシイにふれるようなパフォーマンスをしたいと思いました。

 

  こちらはラストのエンディングセッション

ご来場いただいたみなさま、応援してくださったみなさま。

改めて御礼申し上げます!ありがとうございました!

0contact雨天決行!ありがとうございました!

0contact雨天決行!

2016年6月26日日曜日 鶴舞KDハポン
出演
.tt
つらくも七瀬
金子仁美x玉川裕士
小林広恵
ライブドローの可能性を追求するイベント、0contactにお越し頂きまして誠にありがとうございました!
こんな素晴らしいメンバーの表現の場に立ち会えることができて、幸せでした。
無事に終了することができました感謝申し上げます。
 どんな感想抱きましたでしょうか?
運営といたしまして、場所によっては見えにくい見えない等ご意見を頂きました。
申し訳ございませんでした。
今後も長く続くイベントにしていきたいと思っておりますので、ご意見活かせるよう努めてまいります。

.tt

リハでは新しい映像とライブペイントのあり方を示してくれるのではないかと期待値高い.tt 。
本番ではハプニングあり緊張感あふるる表現となりました。
天井近くから良い音を立てて流れ落ちる光と色彩の表現でした。
ステージには誰もいないという空間の使い方までした。
0contactでは毎回絵の具かぶりの席をご用意しております。
よほど飛んではきませんが、エキサイティングな絵の具の襲来もお楽しみいただけます。
S__60022786 Cl3pBnIWkAA-cqX.jpg-large Cl3oWwoWYAEulGS.jpg-large
マボロシのリハと.ttの終演後の床

つらくも七瀬

つらくも七瀬はそんな絵の具を物ともせずに(つらくもの出演前には綺麗にい片付けたのですが、.ttのイメージをうけて対応し自分のものとして構築していきました)全てを傘で受け止め、バベルの塔を築こうとしていきました。
白いポンチョ型のレインコート姿はまるで天使なのに、絵の具を纏うと途端に人間味をまして、バベルの塔に登ろうとするも人の重みで箱が潰れ、もがく様さえも物語としてみごとに体現していました。
立体という素晴らしい着眼点と愉快そうに描く姿が印象的でした。
0contact20160626つら _ESC1666 FullSizeRender外でカワカシちゅう

金子仁美x玉川裕士

金子仁美は画家であり女優、玉川裕士は役者、舞台からの参戦はボディペイントという!わくわくしますね。テーマは江戸川乱歩から、絵画を出口として言葉と間と体で演出され作り上げられています。五感をフルに使う舞台を知っているお2人ならではのステージでした!
マニアも唸ります。
0contact20160226金子玉2 0contact20160226金子玉1

小林広恵

そして、主催私、小林広恵は「雷と水」をテーマに、パネルを叩きながら描く。ということをしました。
1月の描き初めでドラムと共演させていただいてから、音と色彩を一致させることになんの違和感も抱かなくなりました。
パネルの裏に、鈴、スナッピー、ギターの弦を6本テンションをかけてはったものをそれぞれつくりカホンに魔改造しました。
さらに音のバリエーションとしてドラムのカバーを吊るしました。
自分で製作した水滴の音、鳥の声、雷、雨音等の音源の中で(なんか変な機械音入ってしまうし、、ここは色いろ反省点が、、)ヒッチコックの鳥のように水面から空へ羽ばたくイメージを立ち上げていきました。
私は音楽家ではありませんから音には詳しくありません。
あくまで、描く行為としての音(痕跡)でしたが、これらのカホンパネルを音楽家の方が叩いたとしたら、またどんな風景が立ち上がるのか興味深いです(でもきっと音の人からしたら良い音が出ないのでストレスかもしれません)
S__60022792
 _ESC1708_ESC1714
マレットで叩くと色がつき描いていきます

エンディングセッション

雨天決行!のサブタイトルのごとくわりと統一したイメージでまとまりました。
最後はエンディングセッションで.ttの月永進さんの映像が出演者の体にあたりつつ、私は.ttのタキちゃんにインクをふきつけられつべたい!!とか、玉川さんの仮面をみんなで回してかぶったり、つらちゃんの服をぐっと掴んじゃったり、もうわやくちゃながら楽しい、本当に最高に笑いながらのセッションでした。
Cl5WrjGUoAE25k4.jpg-largeCl4nfT-UkAICyBw
そして、今回はライブペインティング、ライブドローイングにとってつきものといって過言ではない音楽。みな今回は自分に向き合うため音の人の力は借りずに自力でした。そして観客席には今まで関わった音の人たちがたくさん、、。たくさんご来場くださったのです。
どれだけ音の人たちに支えられてきたことか。
改めて皆様に感謝申し上げます!
 主催 小林広恵
0contactへの参加もお待ちしております。挙手性ですので参加したいという方は小林までご連絡ください。本イベント、制作についてのお問い合わせご相談もお待ちしております。
連絡先はこちら kobanoatorie@gmail.com
 写真提供 月永進、小林広恵 M’s junction (Twitterでの多数投稿ありがとうございます。#0contact)